バストアップの方法って?

バストアップの方法って?

短期間でバストアップを成功させる方法!


zyoseisa

 

友達や彼氏と温泉や海に一緒に言ったとき、胸が小さいと似合う水着がなかったり、恥ずかしくて気になってしまうもの。

様々なバストアップ方法やサプリメント、エステなど色々な方法は試してみたけれど、なかなか効果が現れないと自分にまで自信がなくなって、引っ込み思案になってしまいます。

バストアップはゆっくり時間をかけて行うのが一番の方法ですが、デートまでの日にちが少ない、友達と水着を買いに行く日が近づいてきている場合、長期戦のバストアップ方では間に合わない場合もあります。

このような場合には短期間でバストアップさせる方法が一番良い方法なのですが、短期間でバストアップさせる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

短い期間で確実にバストアップさせるには?

まずはバスト周辺のリンパマッサージを行い、バストに溜まった老廃物などを押し流して、柔らかいバストを作ります。

片方の腕を上げ、反対の掌でひじ、二の腕、脇の下、鎖骨の順番につまむようにしてマッサージします。続いて背中に手を回し、肩甲骨から脇の下、鎖骨の順番でマッサージしていきます。

この時にゴリゴリと硬い部分があれば老廃物や疲労物質などが溜まっているところなので、痛さを感じない程度に優しくさすって揉み解します。

脇の下のくぼんでいる部分にあるリンパ節を人浅し指から小指の4本の指でグーっと数回押します。

リンパマッサージで老廃物などが排泄されバストが柔らかくなったら、バストトップ、乳首から乳頭部分をマッサージする事で女性ホルモンの分泌を高めます。

乳首を親指と人差し指を使ってつまみ、優しくマッサージしたり押したり、回したりと刺激を加える事で乳頭から乳首部分の血流が良くなるため、その通り道となるバスト全体の血流が増加し、バストアップに繋がっていくのです。

これだけでまだ満足の行く効果が得られない場合には、バストアップのツボを刺激してみましょう。左右の乳首を結んだラインの中心から指二~三本分谷間寄りにある神封(しんぷう)のツボが有名です。

子のツボを親指で若干強めの力で押します。1回3秒を左右3回ずつが目安です。女性ホルモンがますます活性化し、バストアップに比較的早く効果を表します。

意外!!バストアップには食事も大切だった!

自分のバストに満足している女性は少ないと言われています。その中でも特に多い悩みは自分が思い描いた理想のバストより小さいこと。

また、年齢と共にバストを支える筋肉の力が低下すると小さい上に垂れてきてますます悩みは深くなってしまいます。

バストアップする方法はたくさんあります。バスト周辺のマッサージやバスト周辺の筋肉を引締めるエクササイズ、エステや美容外科などの豊胸手術などがありますが、どれをとってもそれだけでは完全に効果が現れるとは限りません。

効果が現れるまでに時間がかかったり、豊胸手術にいたっては料金がかかる割りに体への負担が大きかったりします。

そこで日常の生活をほんの少し見直すだけで意外と効果が現れるバストアップの0方法を紹介します。特別に何かグッズを購入したり、費用も時間もほとんどかからずにできる方法なので手軽に試してみましょう。

 

syokuzi

 

バストアップのために日常生活で気を付けること

医食同源という言葉がありますが、バストアップの悩みも食事を見直すことで改善させる事ができます。その一つは大豆です。大豆には女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが含まれています。

また、キャベツには女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進させる働きをするボロンと言う成分が豊富に含まれています。

このように女性ホルモンの働きを盛んにさせる食べ物を積極的に摂取することでバストアップを行なうことができます。

日常生活の中にバストアップのためのエクササイズを取り入れてみましょう。水泳や腕立て伏せなどはバストアップに必要な筋肉を集中的に鍛える事ができるため引締めながらバストアップさせてくれます。

ただし、胸が必要以上に揺れてしまうとバスとが垂れる原因になってしまうので、運動によってバストが揺れる場合には、しっかりとブラをして行います。

冷え性を起こすと卵巣等の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。血液や栄養の巡りも悪くなるため、半身浴や体の保温を心がけ、体を冷やさないようにします。

忘れられがちなことですが、体にあったブラジャーや補正下着を身に着けるのもバストアップの方法です。

胸のサイズが上がるわけではないですが、自分にぴったり合ったブラジャーや補正下着を身に着けることで胸が垂れるのを防止し、バスとを美しい形に保つことで大きく見せる事ができます。

ほかに、バストアップクリームやバストアップのためのサプリメントを服用することでバストアップを図る方法がありますが、比較的費用がかかる割には効果の現れ方には個人差があります。